噂の風俗嬢は病気持ち

自信になるようなプレイだからこそ

自信になるようなプレイが出来たかなと(笑)自画自賛していますけど、すべては相手をしてくれたEちゃんのおかげです。毎回思うんですけど、風俗ではやっぱり相手が大切なんです。こっちとしてもそれなりに風俗の経験上がるので、多少は女の子にお世辞を言ったりして、気分を上げようとは出来ますけど、最終的にどこまで頑張ってくれるのかは風俗嬢次第でしかないんです。だからこそ、風俗嬢選びは大切なんです。だからその日は彼女を選んだ時点で勝利が決まっていたってことなんでしょうね(笑)彼女のあの声と顔。どちらもとってもハイレベルだったので印象に残っていますし、それに可愛らしい声で喘ぐから、こっちが攻めているのにこっちが興奮してくるという(笑)まさに良い意味でのマッチポンプでしたよのえ。でもそれがあったからこそ、自分でも相当興奮して楽しめたので、彼女を選んで良かったですし、自分の自信に繋がるような時間にもなったかなって。

危機感もあったんです

日常生活の中で女の子と接する機会そのものがほとんどないってことに対して、自分なりに危機感を持っていました。このままじゃ自分は男としてではなく、ただの人というか、男としての喜びが日常生活の中に全然ない。その事実に自分でもどうすれば良いのか分からないなって思うようになってきたんですよね。でも女の子の存在は自分にとってとっても大きな物と言うか、遊ぶためには厚い壁が立ちはだかっている…そう思っていましたけど、実際にはそこまででもありませんでした。それは風俗です。風俗に行けばとりあえず遊べるものなんだなってことに気付かされたんですよね。だからこそ、自分にとって風俗は貴重なものになるかもしれないなって思いました。なぜなら、とりあえず風俗に足を運べば女の子との楽しい時間を確保出来るという事実に気付かされたからです。それだけでも自分の心の中での気持ちが変わってくるんじゃないかなと思いましたし、改めていろいろなことに気付かされましたよ。